アルミ加工品・伸銅品(コネクタ材料、リードフレーム材料)なら山崎金属産業

MENU

TOP > 会社案内 > 沿革

沿革HISTORY

1893年10月 初代山崎惣吉が銅・真鍮および非鉄金属地金類の売買を目的とし、現本社所在地に店舗を創立発足する。
1917年4月

古河電気工業株式会社製品の直接取引を開始。

1918年6月 山崎商店を合資会社に改組。
1919年6月

合資会社山崎惣吉商店の資本金15万円となる。

1923年9月

関東大震災により店舗消失(1日)、焼跡に仮店舗を急造して業務再開(15日)。

古河電気工業株式会社の指定問屋となる。

1926年4月

代表社員山崎惣吉逝去。山崎和三郎が二代目山崎惣吉を襲名し、合資会社山崎惣吉商店の代表社員となる。

1936年11月

合資会社山崎惣吉商店の資本金25万円となる。

1937年12月

山崎合名会社設立。

1938年3月

合資会社山崎惣吉商店の資本金45万円となる。

1942年12月

山崎合名会社を山崎合資会社に改める。

1944年4月

合資会社山崎惣吉商店の不動産を山崎合資会社に譲渡。

5月

合資会社山崎惣吉商店、企業整備令により解散。

1946年3月

山崎合資会社の定款を変更し、業務を再開。

8月

東京・千代田区神田材木町22番地焼跡に事務所兼倉庫を新築移転。

1947年7月

株式会社山崎商店設立、基本金32万円をもって発足。

1948年6月

株式会社山崎商店、山崎合資会社を吸収合併し、資本金50万円となる。山崎合資会社解散。

1950年6月

株式会社山崎商店の資本金500万円となる。

1951年11月

株式会社山崎商店の資本金1,500万円となる。

1957年3月

株式会社山崎商店の資本金2,000万円となる。

1961年4月

山崎金属産業株式会社創立総会開催、資本金5,000万円をもって新会社設立。

株式会社山崎商店、不動産および有価証券の保全会社となる。

1962年1月

山崎金属産業ビル竣工。

5月

山崎金属産業株式会社の資本金1億円となる。

12月

山崎惣吉社長急逝、山崎豊取締役社長に就任。

1965年4月

第一建工株式会社設立、資本金500万円をもって発足。

9月

名古屋営業所(現名古屋支店)を開設。

1966年4月

計算室発足(山崎情報産業株式会社の前身)。

1968年10月

日本銀行より「再割適格会社」に指定される。

12月

第一金属株式会社の再建を引き受ける。

1969年7月

1億円の増資を行ない資本金2億円となる。

 8月

神奈川県厚木市温水字2025番地にスカイラック・システムによる物流センター完成。商品保管、配送業務開始。

1972年7月

岩井寮が厚生施設としてオープン。

10月

計算室、情報処理サービスを開始。

1973年2月

名古屋営業所が新築移転、名古屋支店に昇格。

3月

COM(コンピュータ・アウトプット・マイクロフィルム)センターを開設、情報処理サービスを開始。

4月

厚木アルミニウム工業株式会社を古河アルミニウム工業株式会社、山本製罐株式会社ほか11社のユーザーと設立。EOECの製造・販売に着手。

10月

1億円の増資を行ない資本金3億円となる。

11月

創業80周年記念祝賀会を椿山荘にて開催。

1974年1月

厚木倉庫の増設。厚木アルミニウム工業株式会社の新工場完成。

1975年3月

第一建工株式会社を山崎金属建材株式会社に商号変更。

1976年1月

取締役社長山崎豊逝去、山崎育四郎取締役社長に就任。

1978年4月

1億円の増資を行ない資本金4億円となる。

6月

厚木センター増設、新事務所棟と新設倉庫棟完成(収容能力は当初の3倍となる)。

1980年1月

第一金属ビル竣工。

1981年4月

2億円の増資を行ない資本金6億円となる。

1982年3月

山崎情報産業株式会社設立、資本金5,000万円をもって発足。

1983年5月

群馬県佐波郡東村大字東小保方字三室西6221番地伊勢崎・東流通団地内に群馬センター完成(完全自動立体倉庫、カートラック、ストレージに平面倉庫、5トン走行クレーン)。

9月

山崎情報産業株式会社、大阪営業所を開設。

1986年12月

名古屋支店、厚木、群馬センターネットワーク化。

1989年3月

山崎情報産業株式会社の資本金1億円となる。

12月

大阪支店を開設。

1990年4月

第一金属株式会社の資本金5,000万円となる。

1992年8月

新物流システム稼働。

1993年10月

創業100周年記念祝賀会をホテルグランドパレスにて開催。

1996年1月

山崎共同ビル竣工。

9月

上海連絡事務所を開設。

1997年4月

パソコンを社員1人1台貸与。

山崎金属産業ネットワークシステム稼働(東京本社、大阪支店、名古屋支店、厚木センター、群馬センター間にLANを構築)。

2000年2月

厚木アルミニウム工業株式会社を清算。

3月

山崎金属建材株式会社を清算。

4月

「ヤマザキバルクシステム」の販売を開始。

6月

山崎情報産業株式会社、ISO9001の認証取得。

10月

シンガポール支店を開設。

2001年5月

厚木センター、伸銅品用スリッターおよび梱包ライン設備を設置(C350-2軸コンピュータ制御スリッター&梱包ライン、2.8トンクレーン)。

7月

山崎波奈株式会社山崎商店会長逝去。

中国上海市外高橋保税区に現地法人「山金有色金属(上海)有限公司」を設立。

2002年3月

タイ・バンコクのトンローに現地法人「YAMAZAKI KINZOKU(THAILAND)CO.,LTD.」を設立(2005年10月閉鎖)。

4月

小松支店を開設。

5月

厚木センターに、アルミ用スリッターおよび梱包ライン設備を設置(C650-2軸コンピュータ制御バリなしスリッター&梱包ライン、4.8トンクレーン)。

11月

厚生年金基金を脱退、確定拠出型年金に移行。

2003年1月

ISO14001の認証取得。

山崎情報産業株式会社、ISO14001の認証取得。

4月

山金有色金属(上海)、スリッターラインが稼動。

6月

山崎洋一郎取締役社長に就任。

2004年1月

タイ・アユタヤに現地法人「YAMAKIN(THAILAND)CO.,LTD.」を設立。

4月

当事業年度から定時株主総会招集通知に連結財務諸表を開示。

6月

国内の全事業所でISO9001の認証取得。

8月

古河アルテック株式会社のFAシステムの営業権譲受とともに、製品名「トートシステム」を取得。

小松支店の新社屋を竣工。倉庫および加工工場を装備。

山崎情報産業株式会社、大連に現地法人「山崎信息技術(大連)有限公司」を設立。

2005年2月

YAMAKIN(THAILAND)CO.,LTD.、アユタヤ県のHI-TECH工業団地内に工場を完成。

4月

YAMAKIN(THAILAND)CO.,LTD.で開所式、プレス事業およびスリッター事業を開始。

6月

山崎情報産業株式会社、プライバシーマーク取得。

10月

群馬第一工場稼働(連続還元炉およびプレスライン導入)。

2006年10月

山金有色金属(上海)でKME向けのスリッター事業を開始。

11月

群馬第二工場を稼働。

厚木センターにトラバース巻取り装置設置

12月

シンガポール支店閉鎖。

2007年3月

47期(2007年3月期)連結決算で海外売上高が初の10%台となる。

10月

大阪府八尾市空港1-199-1に大阪工場を開設(株式会社ユタニの巻取機事業を継承。コネクター、電子材用巻取機の製造・販売)。

12月

中国大連に現地法人「山金有色金属(大連)有限公司」を設立。

2008年2月

山崎育四郎会長逝去。

3月

群馬センター内に、群馬第三工場として大型門型五面加工機、ウォータージェット切断機、大型厚板用丸鋸切断機、NC旋盤、マシニングセンターを導入。

9月

山金貿易(大連)有限公司を設立。

11月

福井県坂井市三国町テクノポート福井内に福井工場完成(アルミ厚板用プレートソー、自走式開先加工機、 NC複合機、回転台車を設置)。

2011年1月

中国広州市に海外現地法人「広州山金有色金属有限公司」を設立。

7月

広州山金有色金属、スリッター加工を開始。

2012年3月

52期(2012年3月期)連結決算で海外売上高が30%を超える。

山崎情報産業株式会社、VOS1マイグレーションを開始。

5月

福井工場にT型溶接ロンジ製作ラインを導入。

6月

YAMAKIN(THAILAND)CO.,LTD.、電気工事を終了し全面復旧。

基幹システムをホストコンピュータからオープン系サーバに移行(日立HA8000)。

2013年2月

インドネシアに現地法人「PT.YAMAKIN INDONESIA」を設立。

10月

創業120周年記念祝賀会を東京會舘にて開催。

2014年1月

群馬第三工場に高速マルチセンターを導入。

3月

「YAMAKIN(THAILAND)CO.,LTD.」のスリッター機を一基増設。

4月

群馬第3工場に横型マシニングセンター設置

9月

小松支店にアルミ加工用CNC旋盤設置

11月

小松支店にアルミ加工用マシニングセンター設置

12月

PT.YAMAKIN INDONESIAにスリッター機を導入(2軸厚物スリッター)。

2015年2月

群馬第3工場に縦型マシニングセンター設置

3月

群馬第3工場にバーフィーダー付き旋盤設置

4月

PT.YAMAKIN INDONESIAにCNC旋盤機を導入。

6月

福井第二工場完成

山崎商店ビルに展示室を開設

7月

埼玉伸管工業株式会社を子会社化

PT.YAMAKIN INDONESIAにマシニングセンター、丸鋸切断機を導入。

2016年2月

山崎信息技術(大連)有限公司を子会社化。

7月

シンガポール支店を開設。

9月

武蔵精機工業株式会社と事業譲渡契約を締結。